五感を越えた六感から個性を育て 才能と言葉で世界をつなげる『アットホーム留学』

menu

駅前留学ではなく、『アットホーム留学』 @ home

音楽から学ぶ、教養につながる、心に響く英語のフレーズ(2−4)

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

昨日からシリーズでお届けしている
 

音楽から学ぶ、教養につながる、
心に響く英語のフレーズ。

 

早速「響いた」
「こんな素敵な歌詞だったんですね!」

 

などの感想をいただきました、

 

ありがとうございます。

 

 

さて、今日の歌詞はこちら。

実は私が高校生の時に
めちゃくちゃはまって

帰宅後ほぼ毎日
ビデオが擦り切れるまで見て

毎回歌いながら涙した映画の

 

ワンシーンの曲です。

If you wanna be somebody 

If you wanna go somewhere

you better wake up and
pay attention

 

(かなり意訳ですが)

あなたの夢を叶えたいなら
さあ目を覚まして考えなさい!

 

 

【英語のワンポイント】
wanna= want to 
gonna= going to

 

you better=すべき、したらいい。

 

文法重視の学校では学びませんが
会話では頻繁に出てくる言葉です。

 

意訳をしたのには理由があります。

 

If you wanna be somebody

誰かになりたければ

If you wanna go somewhere

どこかに行きたければ

なんて平たく言われても
伝わりづらいですよね。

 

なりたい自分になる

自分を開花できる場所に行く

=夢を叶える

 

となれば、わかりやすいですよね。

 

この映画は・・・

超有名ですが、

 

天使にラブソングを2 

https://youtu.be/OcgscTnXRzA

ぜひこの40秒をごらんください。

 

冒頭でお伝えした通り、
おそらく歌のシーンは少なくとも

100回は繰り返し見ました。

 

英語のセリフもほぼ覚えましたし、
 

毎度涙するほど心が動きました。

 

 

そういう形で英語を学ぶのも

 

 

大いに「あり」だと思いますよ。

(現に私がそうでした)

 

そして、ただ覚えるよりも

 

歌いながら、楽しみながら覚える。

 

この原点を伝えてくれた40秒・・。

 

映画自体もオススメです。

有名なローリンヒルが出てます!

 

明日もお楽しみに。

 

 

サンシャインマキ

関連記事

アットホーム留学が横浜市戸塚区の
タウン誌に
取り上げられました!

戸塚タウン誌
http://www.townnews.co.jp/0108/2015/10/01/301746.html

スクリーンショット 2015-03-26 0.16.44 スクリーンショット 2015-03-26 0.17.01

絵本で英語を楽しむ【アットホーム留学】

自宅でちょこっと「アットホーム留学」

「アットホーム留学」(up and down)

Skype親子英語体験レッスン

誠に申し訳ございません。
大好評いただいており、
現在枠がいっぱいの状態です。
体験・本レッスン共に
新規受付を行っておりません。

追加受付の際はメルマガ読者様先行
ご連絡いたします!お待ちくださいませ。

メルマガ登録はこちら
1日3分スマホで学ぶ 『感性を磨く子育て英会話』

メルマガ登録はこちら

目と耳から英語と感性が学べる!
現役ママ、サンシャインマキの

音声付!1日3分スマホで学ぶ 
『感性を磨く子育て英会話』

(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので
パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須

週1回の連載スタート(2015.01〜)

・ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
Glolea![ グローリア ]さんで連載スタート!
詳しくはこちら

アットホーム留学

電子書籍好評発売中

1日1フレーズ
子育て英会話

h1_207ipads2
電子書籍好評発売中
Amazon

サンシャインマキ Profile

 

Senseducation

・「五感教育」の専門家
・ゆとり英語サロン主催者

詳しくはこちら