五感を越えた六感から個性を育て 才能と言葉で世界をつなげる『アットホーム留学』

menu

駅前留学ではなく、『アットホーム留学』 @ home

感性で「聞こえ方」は変わる。文化の違いだけではなく・・・

五感

自分の五感(聴覚)を信じて犬が鳴いているのを聞いたとき、本当に「わんわん」って聞こえますか

子供にも、ホンモノの犬の鳴き声を聞かせる前から、「わんわん」と教え込んでしまっていませんか

「五感教育」の専門家、サンシャインマキです。

まず次に挙げるカタカナが日本語だったら、どう感じますか?

「ゴンゴン」何か叩いてる?

「ホンホン」何かサイレン?

「ハウハウ」なんか息切れ?

「モンモン」擬態語で、なんか納得していない様?悶々?

「ウフウフ」擬態語で喜び?

 

では、これらが日本語読みのカタカナだとして、他国が共通したある「音」を表しているとしたら、何を想像できますか?

「ゴンゴン」「ホンホン」「ハウハウ」「モンモン」「ウフウフ」

・・・・全くわかりません。。よね笑 (ヒントは今日の画像と、トップでの私の質問です!)

 

8416056824_59b1b68bf1_b

もう一度言いますが、共通の音です。国が違うだけ

もう一つ出しましょう。

「バウワウ」

ここでわかった方は多いかもしれませんね。

では最後に、日本でこの音はどのように表現しているかお伝えしましょう。

「ワンワン」

 

はい、これはすべて犬の鳴き声を表現しています。

たとえ同じ犬を世界中旅行させても、鳴き声は変わりません。しかし表現は変わるということです。

 

どういう意味でしょう?

・言語により発音が違い、その発音を使った形で表現をするために変わってくるということ

=つまりその国の発音を知らなければ、その国での表現をすることができないということ

・日本ではどんな犬でも、誰が聞いても「ワンワン」ではないということ。キャンキャンかもしれないし、ウォンウォンかもしれません。

=つまり、固定観念を持つ必要はなく、聞こえたとおりに表現をしてみると、いろんな発音が自然に学べてしまうかもしれないということ。

 

面白くありませんか?

我が家ではしょっちゅう娘に対して、

「どうやって聞こえた?」と質問します。

実にバラエティに富んだ答えが返ってきますよ。

本来は、感性に従って、聞こえた音をそのまま表現する、ただそれだけで

耳はもっときちんと「聴こう」と意識するし、結果的に感性はもっともっと豊かになりますよ。

 

余談:

【ゴンゴン(インドネシア)、ホンホン(タイ)、モンモン(韓国)、ハウハウ(アラビア)、ウフウフ(オーストラリア)】

関連記事

アットホーム留学が横浜市戸塚区の
タウン誌に
取り上げられました!

戸塚タウン誌
http://www.townnews.co.jp/0108/2015/10/01/301746.html

スクリーンショット 2015-03-26 0.16.44 スクリーンショット 2015-03-26 0.17.01

絵本で英語を楽しむ【アットホーム留学】

自宅でちょこっと「アットホーム留学」

「アットホーム留学」(up and down)

Skype親子英語体験レッスン

誠に申し訳ございません。
大好評いただいており、
現在枠がいっぱいの状態です。
体験・本レッスン共に
新規受付を行っておりません。

追加受付の際はメルマガ読者様先行
ご連絡いたします!お待ちくださいませ。

メルマガ登録はこちら
1日3分スマホで学ぶ 『感性を磨く子育て英会話』

メルマガ登録はこちら

目と耳から英語と感性が学べる!
現役ママ、サンシャインマキの

音声付!1日3分スマホで学ぶ 
『感性を磨く子育て英会話』

(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので
パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須

週1回の連載スタート(2015.01〜)

・ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
Glolea![ グローリア ]さんで連載スタート!
詳しくはこちら

アットホーム留学

電子書籍好評発売中

1日1フレーズ
子育て英会話

h1_207ipads2
電子書籍好評発売中
Amazon

サンシャインマキ Profile

 

Senseducation

・「五感教育」の専門家
・ゆとり英語サロン主催者

詳しくはこちら