五感を越えた六感から個性を育て 才能と言葉で世界をつなげる『アットホーム留学』

menu

駅前留学ではなく、『アットホーム留学』 @ home

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

 

ママ・パパが先生に!
こころのやさしい子どもたちが育つ
あたらしい英語「楽」習
アットホーム留学

 

親子で英語に触れていただく。
共に学んで楽しんでいただく空間として

月に1回地元横浜で親子限定に
開催している「ゆとり英語サロン」

すでに参加された方から
たくさんの感想をいただいております。

そんな中、サロン後に
4つの英語表現を知りたい、と
聞きに来てくださったパパさんの
ご紹介を昨日させていただきました。

1「ふりまわさないで」

2「すててきて」

3「これと同じやつ、書いて」

(昨日は1〜3まで。こちら

今日は4の部分。

 

4「はみださないで」

色塗りをしていて、はみ出しそうに
なった時のフレーズです。

Stay in the lines.
枠にはまりなさい。

これを丁寧に伝えると

Please stay in the lines.
枠の中でね!

 

Let's try to stay in the lines.
枠の中でやってみようね!

 

 

この3つで選ぶなら、
私は3つ目、「try」という表現で
止めておきますが・・・

 

私なら・・・他の表現をつかいます。

 

実際、昨日私が子どもたちに
使った表現を載せてみます。

 

はみ出ている子がいっぱいいる中で

「Wow, very powerful!」
パワフルだね!

 

「Nice!!! very dynamic!」
ダイナミックだね!

 

「I really like your drawing!」
その塗り方、好きだよ!

 

すみません、真逆かもしれませんが、
あえて「はみ出す」ことを
否定しない
のです。

 

 

とはいっても、
塗り絵ははみ出してもらいたくない。

 

であれば、ママ・パパが

塗り方の見本を家で
魅せてあげる。

それで十分伝わると思います。

 

 

とても有名な海外絵本の中で

際立つように生まれついたのに、
なぜ周りに合わせようとするの?
Why fit in when you were
born to stand out? 」

 

という表現があります。

 

はみ出ていいんだよ。

 

その表現もぜひ覚えていただければと
思います。

 

 

それにしても、パパさんから
メモを差し出していただき、

 

私は本当に感動しました。

 

アットホーム留学、本気で
たくさんのご家庭に届けていきたい!

とより一層思うようになりました。

 

メルマガ、いよいよ明日(午前中くらい)
音声付きでリニューアルします!

 

どうぞお楽しみに。

 

サンシャインマキ

 

PS ゆとり英語サロンのレポートは
後日あらためてお送りいたします。

関連記事

アットホーム留学が横浜市戸塚区の
タウン誌に
取り上げられました!

戸塚タウン誌
http://www.townnews.co.jp/0108/2015/10/01/301746.html

スクリーンショット 2015-03-26 0.16.44 スクリーンショット 2015-03-26 0.17.01

絵本で英語を楽しむ【アットホーム留学】

自宅でちょこっと「アットホーム留学」

「アットホーム留学」(up and down)

Skype親子英語体験レッスン

誠に申し訳ございません。
大好評いただいており、
現在枠がいっぱいの状態です。
体験・本レッスン共に
新規受付を行っておりません。

追加受付の際はメルマガ読者様先行
ご連絡いたします!お待ちくださいませ。

メルマガ登録はこちら
1日3分スマホで学ぶ 『感性を磨く子育て英会話』

メルマガ登録はこちら

目と耳から英語と感性が学べる!
現役ママ、サンシャインマキの

音声付!1日3分スマホで学ぶ 
『感性を磨く子育て英会話』

(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので
パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須

週1回の連載スタート(2015.01〜)

・ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
Glolea![ グローリア ]さんで連載スタート!
詳しくはこちら

アットホーム留学

電子書籍好評発売中

1日1フレーズ
子育て英会話

h1_207ipads2
電子書籍好評発売中
Amazon

サンシャインマキ Profile

 

Senseducation

・「五感教育」の専門家
・ゆとり英語サロン主催者

詳しくはこちら