五感を越えた六感から個性を育て 才能と言葉で世界をつなげる『アットホーム留学』

menu

駅前留学ではなく、『アットホーム留学』 @ home

アットホーム留学で大切にしているのは、○○のものに関心を持つということ

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

昨日のメルマガをまだ
読んでいらっしゃらない方はこちら

 

アットホームソングス動画コンテスト
優勝ツアー。

最後の目的地は・・

関係者じゃなければ滅多に入れない

本格的な音楽スタジオ。

 

コンテストの審査員をしてくださった
Neeraj さんのご好意で特別解放!

大人もドキドキわくわくする空間でした。

 

「Where does the sound come from?」

音はどこからくる?

ぐるぐる耳を頼りに探したり。

出どころのスピーカーがわかったら

 

かるーく触ってみて振動を確認して

「もそもそ」「ぞわぞわ」
表現してみたり。

 

親子、とにかく「What's this?」
嵐でした!

 

 

未知のものに関心を持つ。

 

この意識があれば、感性はおのずと
豊かになっていく

 

英語だって未知のもの!
自然と好奇心から学んでいきますよ!

 

最後に、今回参加してくださった
6歳のお嬢様を持つママさん、そして

おもちゃコンサルタントとして
ツアーに同行してくださった
佐藤達矢さんからいただいた感想を

 

簡単に載せさせていただきます。

 

「マキさんはじめ審査員の方々、
今回は本当に有難うございました。

1日中 アットホーム留学は、
まさに夢のような楽しい時間でした^ ^

驚いたのは、おもちゃ美術館に向かう為、
新宿駅で丸の内線を探す時

トレジャーゲームを始めたこと^ ^
もちろん全てが英語です!

子供たちが楽しく英語を話すのを
聞きながら感動すること しきり でした。

おもちゃ美術館、レコーディングスタジオ。

どちらもめったにできない
素晴らしい体験で、

1日アットホーム留学は
本当に夢のような体験でした。

有難うございました。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐藤達矢さん

「おもちゃを通すことで出てくる
子どもたちの素直な感情や単語を
スッと英語で伝えるマキ先生の

タイミングや仕草が絶妙で、
さすが五感教育の専門家だなと
感じる瞬間でした。

「楽しんでいる」様は緊張感などを
一切感じず
、それこそ
「アットホーム」と呼ぶに相応しい!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ありがとうございます。

お二人からの素敵な感想の全文は
ブログに掲載させていただきました。

優勝ファミリー(6歳のお嬢様とママさん)
http://sens-e-ducation.com/?p=4743
佐藤さん
http://sens-e-ducation.com/?p=4749

 

未知のものに関心を持とう!

冒険を楽しもう!

 

これからも、アットホーム留学では

英語の学びだけではない
英語楽習を

 

お届けしてまいります。

関連記事

アットホーム留学が横浜市戸塚区の
タウン誌に
取り上げられました!

戸塚タウン誌
http://www.townnews.co.jp/0108/2015/10/01/301746.html

スクリーンショット 2015-03-26 0.16.44 スクリーンショット 2015-03-26 0.17.01

絵本で英語を楽しむ【アットホーム留学】

自宅でちょこっと「アットホーム留学」

「アットホーム留学」(up and down)

Skype親子英語体験レッスン

誠に申し訳ございません。
大好評いただいており、
現在枠がいっぱいの状態です。
体験・本レッスン共に
新規受付を行っておりません。

追加受付の際はメルマガ読者様先行
ご連絡いたします!お待ちくださいませ。

メルマガ登録はこちら
1日3分スマホで学ぶ 『感性を磨く子育て英会話』

メルマガ登録はこちら

目と耳から英語と感性が学べる!
現役ママ、サンシャインマキの

音声付!1日3分スマホで学ぶ 
『感性を磨く子育て英会話』

(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので
パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須

週1回の連載スタート(2015.01〜)

・ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
Glolea![ グローリア ]さんで連載スタート!
詳しくはこちら

アットホーム留学

電子書籍好評発売中

1日1フレーズ
子育て英会話

h1_207ipads2
電子書籍好評発売中
Amazon

サンシャインマキ Profile

 

Senseducation

・「五感教育」の専門家
・ゆとり英語サロン主催者

詳しくはこちら