五感を越えた六感から個性を育て 才能と言葉で世界をつなげる『アットホーム留学』

menu

駅前留学ではなく、『アットホーム留学』 @ home

アットホーム留学プロデューサー

サンシャインマキです。

 

今日Facebookに1つ記事を
投稿したところ、
たくさんの方から反応をいただき、
個別にコメントもいただきました。

アットホーム留学の軸として
「感性」「英語」を非常に
重視しておりますが、

その両方に響く内容なので
ご紹介させていただきます。

最後に私から、英語の楽しい
覚え方もちょっとお伝えしますね。

 

私の娘は、
ミミズは余裕で触れるのに、

蜘蛛の巣がずーーっと、
大の苦手でした。

ことあるごとに

「蜘蛛の巣がね、嫌いなの」

と言う訳です。

ここで私が常に思っていたこと。
それは

「嫌いとか苦手」って
逆にかなり意識しているのだ

ということ。

 

無関心だったら、

話題にもあがらない。

 

何かの「きっかけ」
嫌いが好きになったら、その意識って
ものすごいパワーを発揮するのではと。

そしてついに昨日、
その瞬間が訪れました。

 

(親子共ども、常日頃から
感度高く、物事を見ていないと
一瞬を見逃すことになりますよ!)

 

さて、昨日の朝、雨だったのですが、
登園中に娘が

「ママ、きれい!beautiful!」と。
見ると、

雨のしずくがついた
蜘蛛の巣が!!

確かに、綺麗です・・・・

 

よく見つけたなー
感心したのですが、

直後

「蜘蛛の巣やっぱり好き♡」

あら、嫌いが好きに・・笑

しかも、そんな簡単に??

 

なんとその後、しばらく
蜘蛛の巣探しをしていました。

 

「きれい」という感動が、
好きに変わる「きっかけ」
なったようです。

 

好きと嫌いって
本当に紙一重。

 

英語もそうではないですか?

嫌い!っていう意識が
「好き」に変わった瞬間、
楽しさも倍増するかも。

 

アットホームソングス
きっかけで

英語に再度興味を持ち始めた、

というママパパさんも
いるんですよ!

たくさん喜びの声を
いただいております。

 

是非、つねにいろいろなことに
意識を向けて、
「きっかけ」を大事に
していきましょう。

ちなみに、写真にも描いてありますが、

蜘蛛の巣は「Web」といいます。
(厳密に言うとcobweb)

 

インターネットのWebも、
これが語源です。

蜘蛛の巣のように、広がっていくから。

こうやって語源を知るのも、
忘れにくい英語の覚え方の一つ
です。

 

そして最後に、蜘蛛の巣まで覚えたら

蜘蛛=Spider

も覚えてしまいましょう!

子どもたちにも

Spider manは蜘蛛男だよ!

と言って、

 

Spider man, spider man♬
などジェスチャー付で
ちょっとオモシロオカシク
歌ってみたら・・・

 

一発で覚えますよ!

トライしてみてくださいね!

参考になれば嬉しいです★

それでは、素敵な夜を
お過ごしください。

サンシャインマキ

関連記事

アットホーム留学が横浜市戸塚区の
タウン誌に
取り上げられました!

戸塚タウン誌
http://www.townnews.co.jp/0108/2015/10/01/301746.html

スクリーンショット 2015-03-26 0.16.44 スクリーンショット 2015-03-26 0.17.01

絵本で英語を楽しむ【アットホーム留学】

自宅でちょこっと「アットホーム留学」

「アットホーム留学」(up and down)

Skype親子英語体験レッスン

誠に申し訳ございません。
大好評いただいており、
現在枠がいっぱいの状態です。
体験・本レッスン共に
新規受付を行っておりません。

追加受付の際はメルマガ読者様先行
ご連絡いたします!お待ちくださいませ。

メルマガ登録はこちら
1日3分スマホで学ぶ 『感性を磨く子育て英会話』

メルマガ登録はこちら

目と耳から英語と感性が学べる!
現役ママ、サンシャインマキの

音声付!1日3分スマホで学ぶ 
『感性を磨く子育て英会話』

(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので
パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須

週1回の連載スタート(2015.01〜)

・ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
Glolea![ グローリア ]さんで連載スタート!
詳しくはこちら

アットホーム留学

電子書籍好評発売中

1日1フレーズ
子育て英会話

h1_207ipads2
電子書籍好評発売中
Amazon

サンシャインマキ Profile

 

Senseducation

・「五感教育」の専門家
・ゆとり英語サロン主催者

詳しくはこちら